病院案内
診療案内
コラム
アクセス
お問い合わせ
トップページ

病院案内

最新の医療機器で
人にやさしい内視鏡検査を

泉胃腸科医院では一般内科、消化器・肛門疾患の診療、在宅診療と上部、下部消化管内視鏡検査を中心に行っています。

ピロリ菌治療の認定医資格を取得しました。
胃癌撲滅に向けたピロリ菌の診療、早期癌発見のための大腸内視鏡診療は私のライフワークと位置づけています。

診療にあたっては「向き合う医療」、内視鏡検査においては「最新の医療機器で人にやさしい内視鏡検査」を診療理念としています。

かかりつけ医として、当院が少しでも地域の皆様の健康に役立てば幸いと思っています。

座右の銘は「我以外皆師」。

                                理事長 泉 明夫


新院長挨拶

令和2年3月に松江市立病院を退職し、
4月より院長に就任致しました。

勤務医の間は消化管の内視鏡治療及び
機能性消化管疾患(特に便秘症)を専門に
消化器内科として診療を行っておりました。
その間多くの先輩、同僚の方々にお世話になりました。
学んできたことを生かし、皆様のお役に立てるように
これからも精進していきます。

皆様の日常をより豊かに、健康にすることを目標に
日々の診療、内視鏡検査を行って参ります。

座右の銘 「為せば成る、為さねば成らぬ何事も 
         成らぬは人の為さぬなりけり」

                                 院長 泉 大輔

スタッフ紹介

理事長 / 医師

泉 明夫

■ 略歴

昭和45年3月 島根県立三刀屋高等学校を卒業
昭和52年3月 三重大学医学部を卒業
昭和52年4月より10年間、鳥取大学医学部第1外科に在籍 (この間、鳥取大学麻酔科、公立香住病院、済生会江津病院、公立八鹿病院、益田赤十字病院、松江市立病院に勤務。多くの先輩、同僚の方々にお世話になりました)。
昭和62年4月1日 早期癌の発見を目指し、泉胃腸科医院を開院。

■ 資格

島根大学臨床教授
日本医師会認定産業医
ピロリ菌感染症認定医

院長

泉大輔

■ 略歴

平成13年3月 島根県立松江北高等学校卒業
平成19年3月 島根大学医学部医学科卒業 
平成19年4月~平成20年3月 島根大学医学部付属病院
平成20年3月~平成21年4月 松江市立病院
平成21年3月~平成26年4月 島根県立中央病院
平成26年4月~平成29年12月 島根大学医学部付属病院
平成30年1月~令和2年3月   松江市立病院
令和2年4月~ 泉胃腸科医院 

■ 資格

日本内科学会認定医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医

派遣准教授(島根大学医学部第2内科)

石村典久先生(准教授)

H6年 島根医大卒

施設案内

電子カルテ、
ファイリングシステム

デジタル画像でわかりやすく説明出来ます。

上部消化管内視鏡
(オリンパス社、フジノン社)

経口、経鼻ともに、拡大内視鏡、分光画像内視鏡あります。

下部消化管内視鏡
(オリンパス社)

呼吸循環監視モニター、コロナビ装置、拡大内視鏡、分光画像内視鏡があります。5種類の内視鏡で患者さんの状況にあった内視鏡を選択します。

超音波診断装置
(腹部、甲状腺、乳腺)

Vscanというポータブル超音波診断装置があり、簡単な心エコーも可能です。

末梢血、炎症反応
(CRP)検査機器

末梢血、炎症反応(CRP)検査機器。5分以内に結果が判明します。

心電図
その他
レントゲン診断装置(一般撮影、透視診断装置)、AED装置
お問い合わせ